特集の撮影

都内のレンタルルームを借りて、特集の撮影を行ってきました。広々としたオシャレなスペースで、いい写真が撮れました。

Meraki Goを設置!

ゴールデンウィーク中に少し時間ができたので、先日ゲットしたWi-Fiアクセスポイント「Meraki Go」を会社に設置してみました。

簡単設定が特徴ということもあり、Meraki GOのポータルサイトでアカウントを作成した後は、製品をルーターに接続し、専用アプリをスマートフォンにダウンロードしてログインしただけで、割とすんなりと接続まで完了しました。

接続後は快適なWi-Fiライフが送れています。スマートフォンのアプリでWi-Fiの利用状況が可視化できるので、今後はちょこちょこ確認していこうと思っています。

仕事も一段落ついたので、新宿まで「アベンジャーズ/エンドゲーム」を見に行ってきまーす。

私の頼れるアシスタント

こんにちは、新人Yです。

突然ですが、皆さまは「Hey Siri」や「OK Google」と呼びかけると、
知りたいことや、やりたいことをサポートしてくれる「音声アシスタント機能」使っていますか?

私は声の通りが悪いのか、話しかけても無視されるという寂しい経験があり…起動させる機会が減っていました。(ごめんなさい)

しかし最近、音声アシスタントの魅力を再発見したのです。

大人数で食事をする機会があり、満腹になった後のお会計。
スマホの電卓を起動して、金額を入力して、人数で割って…。
え、それ誰がやるの…誰かやってよ…みたいな会話よくありますよね?

そんな時、友人のひとりが
「Hey Siri!34000円の支払いを6人で割って!」とSiriを起動。
「1人あたり¥5,667です」
なんと金額を出してくれました。

知らなかった!便利!スマート!

この日を境に私も音声アシスタント機能をフル活用。
音楽の曲名だって教えてくれます。

知らないだけで、使える機能、まだまだあると思います。
そういえば最近使ってないなぁ…なんて方は
「Hey Siri」「OK Google」呼びかけてみてください。
きっと毎日が少しだけ便利になるはずですよ。

学ぶ姿勢の共通項

ここ数日、教育ICTに関わる取材と、IT人材育成に関わる取材を並行して進めています。


ICTを活用して学びを深める(主体的に、協働的に学ぶ)取り組みは全国で広がりつつあります。
加えて、IT人材に関する取材を進めていく内、これらの学びに対する姿勢は、IT人材の育成にも効果を及ぼしそうだなと、異なるテーマながらつながりが見えました。

IT人材に関する記事については、3月25日発行PC-Webzine4月号の第二特集に掲載予定です。お楽しみに。

向春の候

まだまだ寒い日が続いておりますが、皆さん確定申告はお済みでしょうか。新人のiです。

最近の話題になったトピックとしては、某チェーン店のアルバイト店員が不適切な動画をSNSにアップしたことで炎上が起こったニュースが記憶に新しいと思われます。

昨今、Instagram(ストーリー機能やライブ機能)やTikTokなど、一般人・有名人問わず気軽に動画を視聴・投稿できるアプリケーションが自己表現のツールとして親しまれています。
外国では、インパクトがあって視聴者を惹きつけるものの、過激で命の危険も顧みない動画を投稿することが流行っているようです。民放のテレビでそういった過激な動画が笑いネタとして取り上げられていますが、若者に影響を与えるのではないかと心配になります。

会社に属する人間の行動一つ一つが会社や社会に影響を与え得るため、雇用する側は人材を採用した後も社内教育を徹底し、正規雇用・非正規雇用に関わらず労働状況を管理していく必要があると一連のニュースから学びました。

さて、PC-Webzine3月号の書評では、「人材教育・人材育成」について取り上げます。
HRテクノロジーや第4次産革命といったテーマで、今後のAI時代の人材育成の参考書として活用できるのではないでしょうか。

SNSでの過激な投稿を受けてネット炎上といった悪循環が生まれている今、大事なのは大人が手本を示すことではないかと私は思います。投稿する立場でも、情報を享受する立場でも、その場その場で言論や投稿の是非を判断できる大人でありたいものです。



テレワーク~在宅勤務の場合~

こんにちは、新人のYです。
Iさんがテレワークのお話をしていますが私も少しだけ。

東京オリンピック・パラリンピックまであと2年…
国内外からの観光客が集まることによる交通混雑回避の切り札として
2017年から2020年までの毎年、実施される
国民運動プロジェクト「テレワーク・デイズ」
今年は7月23日~7月27日の間で行われています。

というわけで「テレワーク・デイ」の7月24日、在宅勤務をしました。

出社前は身支度にバタバタしたり、通勤ラッシュに巻き込まれたりと
慌ただしい時間を送っているのですが…

いつも後回しにしてしまう掃除や洗濯などの家事の時間に
有効に当てることができ、清々しい気持ちで
一日のスタートが切れました!

作業が滞るのではないかしら、と心配はありましたが
いざ始めてみるとオフィスで仕事している時と変わらず
通常業務ができました。
自宅の好きな場所でリラックスしながらの作業だったので、
集中して取り組めました。(出来具合は別として…)

在宅での作業はPCやWi-Fiなど仕事が行える環境を整える必要性や
情報漏えいなどのセキュリティ面の問題もありますが
通勤時間に往復2時間ほどかかる自分にとって、
時間を有効に使える点はメリットに感じました。

テレワークを導入する企業が増え、
一人ひとりにあった働き方ができるようになれば
今よりももっと充実した日々を過ごせるのではないでしょうか。

テレワーク日記

暑い日が続いていますね。新人のiです。巷では24日からテレワーク実施期間ということで、弊社でもいち早く実施することになりました。本日は、私のテレワークの一日についてお話します。

AM10:00~ 平常通りに出勤。一人で食べるお弁当は、それなりに寂しく感じました。人がいない分、少し部屋が涼しかったです。

PM15:30~ PCを持って一駅先のカフェへ。席に着いて電源を入れたはいいものの、私は大きな失点をしていました。Wi-Fiです。

PM15:55~ というわけですぐさま店を出てWi-Fiのある古民家風のカフェへ。冷房は効いておらず(なんと)、天井に大きな扇風機が取り付けてあるログハウスのようなカフェでした。隣のブロック席では、6、7人の男女が日本語と英語で謎の交流会をしています。平常とは違った雰囲気の場所に身を置き、リラックスして仕事を進めることができました。

ログハウス風の造りに暖色系の照明で温かみのある空間。階段の上はロフトになっている

最初は外で仕事ができるのか……と不安でした。しかし、全くの他人がいる環境というのは、どうやら自戒の念が働いて勤務意欲を促進させてくれるようです。じつに勉強になりました。ちなみに外国人曰く、日本人は己がどう見られるのかを気にする人が多い種族なのだそうです。日本人は気にしすぎだよアッハッハ~というような台詞を言っておどけている方をよくTVのVTRで観るけれど、私は良い所だと思います。根はポジティブなのです。

テレワーク、おすすめです。

植物日記

こんにちは。新人の固いほうです。

観葉植物に元気がないので、プランターを新しいものに変え、中の土も入れ替えることにしました。入れ替える、とはいいましたが、全入れ替えするのではなく古い土と再生材と混ぜて再生利用するということです。家で言うならば「引っ越し」ではなく「リフォーム」といったところですね。

カビの生えていた上層部(除去済み)だけ捨て、下の土を日光に当てます。本来は一週間以上太陽の光にあてるそうなのですが、ここ最近は天候不順もあり、6月になってしまいました。今のところ予報では火曜日まで晴れと予想されています。観葉植物の運命や如何に。